jyujyu

記事一覧(12)

絵本『きょうは しましま』こぐま社

絵本『きょうは しましま』作・絵/木野あきこ こぐま社から出版SBN978-4-7721-0209-4 発行年2012年発行全国学校図書館協議会選定 日本図書館協会選定作者の言葉 「ちいさな発見」いつも布を切ったり貼ったり、縫ったりして絵を描いているのですが、柄の布を使うなら、ストライプ柄、水玉柄、格子柄だけと決めています。取り分け一番種類があるのがストライプ柄で、色の順番、幅、プリントや織で様々な表情があります。そんな「しましま」の布を眺めていると不思議とワクワクした気持ちになり、「いつかこの布を使って面白い絵本ができたらいいな」と、想像していました。 そんなある日、散歩途中の信号待ちで、前の横断歩道から洒落た「しましま」のシャツを着た人が歩いてきました。職業柄、珍しい「しましま」を見るとついつい目で追ってしまうのですが、ふと横にいる娘を見るとTシャツが「しましま」で靴下も「しましま」。偶然、私も「しましま」のTシャツを着ていて、ポケットから取り出したハンカチも「しましま」。「しましまばかりだね〜」と娘と笑い合い、その後は、競い合って「しましま」を探がしながら家まで帰った楽しい記憶があります。 そんな出来事がもとになってこの絵本『きょうはしましま』ができました。子どもと一緒に、この絵本の中で「しましま」なものを見つけたり、街やおうちの中の「しましま」を見つけてください。何かが偶然かさなったり発見したりすることが、ちいさな喜びになり、微笑みに変わる。そんな幸せを味わっていただければと思います。2012年 秋 木野あきこ